2006年4月

花まつり

昨日(4月4日)、桑名別院において「花まつり」が開催されました。
4月8日、お釈迦様の誕生をお祝いして行う行事ですが、多くのお子さんに集まっていただきたいと、春休み中に開催されました。


当日は、10時から開会式、本堂は雨戸も閉めて真っ暗にし、花御堂にお立ちのお釈迦様をライトアップし、お子さんによる献花献灯、そして5人のお子さんが前に並び全員でのお勤め、もちろん導師も子供です。その後、高さ3㍍以上もある白象を先頭に、回りの商店街をパレード、戻って本堂において、若いご住職手作りの「お釈迦様誕生」の影絵です。お昼は別院婦人会手作りのおにぎり、午後はアトラクション。大縄飛びや、綿菓子作り、風船ルーム、割り箸で作ったゴム鉄砲...など。閉会式でもう1度本堂に集まり、ご挨拶の後、恩徳讃を斉唱、2時に解散でした。


広報はポスター・折り込みチラシ等やりましたが、実際当日何人集まるか想像もできませんでした。スタッフは、教区のご住職、坊守さま、そのご子息、コーラス、別院婦人会と約100人。でも受付始まって30分頃は、子供の数も20~30名とガラガラでした。でも始まる頃には、子供150名、親50名ぐらいになりました。私の入っている別院婦人会も大活躍でした。1パック3種類のおにぎりを詰めます。全部で900コのおにぎりを作りました。30人程の人が分担して、事前にリハーサルはしましたが、11時頃には完成しました。


私は本堂や境内に行って、子供たちの様子を見せてもらいました。参加したものの、どんなことをするのか詳しく知らずに来た子も多かったと思います。開会式ーお経を知っている子は、多分2割ぐらいだと思います。手作りの経本もいただき、読めないけど字を追っています。15分ぐらいでしょうか。誰も帰ろちか、出ようと言わない。終わるのを"待つ"、しびれをきらせて、じっとがまんするのも大切です。そしてアトラクションも、正直私は、こんなの子供たち満足するかな...と案じていました。でも楽しそうです。最新のゲームをいつもしている子も、こんなの...と思わないようです。きっと、初めに本堂のあみだ様の前で、「なんか今日は違うな」と感じ、心の襟を正したんではないでしょうか?境内では、ゲームに興ずる子・風船いっぱいの部屋で飛び回る子・ごえんさんに話しかけている子...ショッピングセンターのゲームコーナーにいる子供とは違う、和やかな空気を境内の中に感じました。


こんな経験が今の子供たちには絶対必要です。本堂で私の近くにいた子は、「合掌、合掌って、ようけ手合わせるんやな」とひとり事のようにつぶやいていました。多分普段の生活の中で手を合わせる機会が少ないのでしょう。すごい悪さやトラブルもありません。きっとあみだ様に見守っていただいたのでしょう。


第1回ということで、事前の打ち合わせ・準備とどの担当も大変でした。でもこの行事に参加させていただいて、こんな英国のことわざを思い出しました。
「一人では何もできない。一人が始めなければ何もできない」
「よいことは一人ではなかなかできない。誰かがしてくれたら一緒にしよう、と待っていたら、いつまでたっても何一つできないでしょう。それよりも、自分から進んでする最初の一人になることです。その勇気がなかったら結局何もできません」と注釈がありました。

法話を聴いて

毎月第一日曜日、桑名別院において「人生講座」をいう法話の会が催されます。
今月は今朝あり、北勢町阿下喜の相願寺住職、片山寛隆さまのお話でした。
法題は「輪廻転生のつみ」です。内容はですね...
私いつも思う事なんですが、法話を聴いて、その時は「そうです、そうです」とか「あーそうだな」とか折々感じることあるのですが、いざ時間が経つと「今日のお話は...?」メモを見ても、細切れには記憶にあっても、大筋をつかめないことが多いのです。


ご住職は「それでいいのです。忘れていくのが人です。それより、聴法に多く出会う事の方が大切です」と言われます。先日お話聴いたご住職も「ちくわみたい、あっちから聴いてこっちから抜けてもいいのです。それより、よし理解したと思う方が、今度は自分の解釈にこだわったりする。その方が良くないことあります」と話されました。確かに本堂で聴いている人を見ても、年配の方が多いし、メモとったりしている人も少ないです。でもいつもちゃんと来られてます。頭じゃない、心に体に身につくってこの事かなと思います。


私自身は全く反対で、いつも頭で考えてしまいます。例えば体の動き一つにしても、「力をぬいて」と言われると、自分はそのようにしているつもりですが、「林さんは頭で抜こうとしている」と言われます。小細工が好きなタイプです。だから、折角法話聴くのなら、ちゃんとメモして忘れないようにしようとかします。形を作って満足するタイプで、本当に身についてないように思います。大らかな心になりたい、どうしたらそうなれるかな?