仏事豆知識

報恩講

そろそろ、ご家庭で「今年のほんこさん、いつにしようか」「お寺さんに連絡せないかんね」・・・こんな会話がされる季節です。「ほんこさん」ー耳にされた方も多いと思いますが、詳しくご存じですか?


正式には、「報恩講」といい、宗祖親鸞の忌日に、その師恩に報いるためにおこなう浄土真宗の最大の行事です。親鸞聖人の遷化(死去)は1262年11月28日、新暦では翌年の1月16日です。この新暦、旧暦の選択によって、西本願寺派と東本願寺派、高田派の行事日程がちがってきます。因みに、本山では西本願寺派が1月9〜16日、東本願寺派が11月21〜26日に行われます。


このご満座の日までの7昼夜は1日3回の法会をし、親鸞の90年にわたる恩に感謝し供養します。本山以外の各別院、本寺でも報恩講は重要行事ですが、本山との重複をさけ、くりあげて行います。これを「御取越(おとりこし)」とよびます。報恩講の中日には、覚如上人の「御伝承(ごでんしょう)」をよみ、聖人の生涯をふりかえります。


お寺さんに行くと、報恩講の予定が掲示されています。10〜12月で行われますので、たまには、お手継ぎのお寺さんはもちろんですが、お近くのお寺さんにも、おまいりの機会をもたれてはいかがですか。おまいりの後、ご法話もあります。お寺さんは、門徒に関係なく「ようこそ」の世界です。是非、お出かけ下さい。

今日はお彼岸の入りです。

お彼岸は「彼岸会(ひがんえ)」とも言い、春は春分の日を挟んで前後3日間ずつ、秋は秋分の日を挟んで前後3日間ずつのそれぞれの1週間のことをいいます。
彼岸とはむこうの岸を意味する言葉で、仏の理想の世界であるこの世の向こう岸(浄土)にわたるために、それぞれの宗派の教えを守り修行に励む期間です。これは春分の日、秋分の日とも、真東から出た太陽が、浄土があるとされる真西(西方浄土)に沈む日であることから始まった日本独自の行事で、仏教行事ではありますが、インドや中国にはありません。
この彼岸法要が日本で初めて行われたのは、今から約1200年前のことです。諸国にあった国分寺の僧侶が、春と秋の2回、中日を挟んで前後3日間の計7日間に渡り仏をたたえてお経をあげたと伝えられています。それから次第に、一般の人にもお彼岸のおまいりとして広まってきました。


�@お彼岸のおまいり
   お彼岸は盆のように特に決まった行事や飾り付けなどはありませんが、
   一般にはその期間に家族でお墓参りに出かけることが多いようです。
   また、お仏壇や墓前には季節の花や団子、おはぎなどを供えます。
�A初彼岸
   故人が亡くなってから初めてのお彼岸を「初彼岸」といい、特に手厚く
   行います、家ではお仏壇をきれいに掃除して、毎日水とお花を取り替
   え、お供えもします。できれば、自宅の仏壇や墓前に旦那寺の僧侶を
   招き読経してもらいます。
   僧侶を招かない場合でも、お墓参りは必ず行いたいものです。

お盆に関するご質問

今日はお盆の入り。13~16日です。
普段忙しい生活を送っている皆さんも、お墓や仏壇の前で手を合わせて下さい。
何となく心が落ち着いて、誰かに見守ってもらっているな...フッと実感できるひとときです。

お盆に関する質問をリストアップしました。

Q1:飾ってある盆提灯はいつ片づけますか?
    16日が送り火ですので、片づけるのは、17日です。

Q2:片づける時に気をつけることは?
    ①乾電池使用のものは、乾電池を取り出す。
    ②提灯の中に紙(何でもいいです)を入れて畳み、ビニールの袋に入れる。
      いっしょに防虫剤も入れます。
    ③木の部分が塗りの場合、指紋や汚れを柔らかい布で拭いておきましょう。
     (時間がたつと、取れにくくなります)

Q3:その他
    ①お参りに来ていただくお寺さんは、一日何軒もお参りされます。
      お茶を出されるなら、来られた時は、冷たいお茶を少し、
      終わられた時は,温かいお茶がいいと思います。
    ②ご親戚や友人が今年初盆、また今年は実家へ帰らないという方は、
      今のような暑い時期はお線香(進物用、1000円からあり)を送られると、
      気持ちが伝わります。
      その場合ののし書きは、「初盆御供」「御供」と書きます。