暮らしの歳時記

針供養

1年の中で2月8日を「御事始(おことはじめ)」、12月8日を「御事納(おことおさめ)」とする伝承が全国各地に残っています。この両日は「事八日(ことようか)」といわれ、いずれも物忌みの日にあたり、徘徊するさまざまな魔物を退治・歓待したり、針を持つことが戒められてきました。この日は針仕事を休み、使えなくなった古い針を集めて豆腐やこんにゃくなどに刺し、神棚に供えたり、川に流したりしました。使った針に感謝の気持ちを込めて供養すると共に、「針仕事が上達するように」「ケガがないように」と祈願します。


日本では日頃仕事や暮らしで使っている道具に感謝します。これって海外にもあるのでしょうか。そんな心のある風習が少しずつなくなってうることは、何か残念というかもったいないと思います。もちろん針仕事をすることも少ないですし、道具を使ったり手仕事をすることもない分、針供養のような風習と重なることもありませんし、そういう暮らし向きも少なくなるのだろうなと思います。昔からの言い伝えや歳時記をその折その折に知って、子供や孫に伝えていくことも必要でしょうね。

節分

日本に伝わる歳時記を1年間ご紹介します。

 節分とは文字通り、節(季節)の分かれ目のことで、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日を指します。しかし現在では、立春の前日(2月3日頃)のみを云うようになりました。
 節分が特に立春の前日を指すようになったのは、きゅうれきでは立春が正月と同じく新年の初めとされていたためです。立春前の節分は、春という新年を迎える前日、つまり大晦日とも共通する特別な日でした。そのため、立春前の節分には他の節分にないさまざまな年迎えの行事が執り行われ、現在に残りました。
 節分の夜、豆をまいて厄を祓うのはおなじみですが、その由来とされるのが宮中の年中行事「追儺(ついな)」です。もともと追儺は、新年を迎えるにあたり邪気を祓うために行われた古代中国の宮廷儀式で、日本には奈良時代に伝わりました。
 ただし、当時は豆をまく風習はなく、現在のように豆をまくようになったのは南北朝時代からで、江戸時代になると一般庶民の行事として広まりました。